六甲山のハチクマ (7月30日)

  このところハチクマが見られず不調が続いています。鳥友の話では「夏のハチクマを見るためには6時間頑張る必要あり」とのことでした。この意味は6時間おれば必ず見られるという意味ではなく、夏の暑い中6時間頑張る努力、姿勢が、いつかは良い結果を生むと自分なりに解釈しています。という訳で今日は午後4時まで粘るつもりで、朝9時にハチクマポイントに到着。いつもは午後1時前後に切り上げているので滞在時間は4時間。今日は予定では7時間です。

  曇り空で時々青空が見えます。1時過ぎても飛びません。2時を過ぎても飛びません。今日も駄目かと思い始めた時、午後2時14分、高速でハチクマが南西から北東の方向に飛びました。あっという間の出来事で、よそ見をしていたら見落とすところでした。曇り空バックの逆光ですが、何とか証拠写真は撮れました。翼の色、形から判断すると、7月16日に飛んだ個体と同一と思われます。4時までには時間があります。ハチクマが帰って来るのを待っていました。3時を過ぎると急に空模様が怪しくなって来ました。暗い雲が出て来て、涼しい風が吹き始め、ポツリポツリと雨が降り出しました。「これは夕立が来る」と思い、急いで荷物をまとめて山上駅に向かいましたが、途中から大雨になりました。ずぶ濡れになる前に何とか山上駅に到着しましたが、雷の影響でケーブルカーが運転中断。

  天気予報では今日は曇り。にわか雨の予報は全くなかったと思います。後で聞くと、神戸、阪神地域は大雨だったとのこと。天気予報のこの外れ方はいかがなものかと思います。気象庁は天気予報のプロを集め、高額の予算を使い、気象衛星、スパコンを駆使して、予報しているはずです。それでこんな程度でしょうか? 気象庁が「天気予報が当たったか外れたか」という自己検証をしているのを見たことがありません。一度検証して貰いたいと思います。会社の仕事も同じでPDCAを回さないと進歩がありません。

<ハチクマ>(証拠写真)
2F0A5151.JPG

2F0A5147.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント