六甲山のクロツグミ (7月15日)

  今年の梅雨は長く大量の雨が降り続き、日本各地で大きな被害が出ています。兵庫県では大きな被害はなかったものの、長雨の影響で最近は全く鳥見に行けませんでした。今日は曇り空ながらも雨が降らない予報だったので、13日振りに六甲山へ行きました。8時頃に山上に着いたのですが、ガスが掛かっており視界不良。2時間ほど待って、やっとガスが取れて視界が良くなって来ました。いつものハチクマポイントへ行き、観察を始めました。ハチクマはなかなか現れず、12時頃に再びガスが出て来たのでやむなく撤収。坊主が続きますが、代わりにクロツグミを見ることが出来ました。空を見上げながらハチクマが飛ぶのを待っていると、近くでクロツグミの鳴き声が聞こえて来ました。美しい声は聞こえるものの、どこで鳴いているのか分かりません。その時枝から枝へ飛び移る鳥を運良くキャッチ。双眼鏡で見るとクロツグミでした。

  さて今日も将棋の話題です。昨日の王位戦第2局は挑戦者の藤井7段が大逆転で木村王位に勝ちました。7番勝負なのであと2勝でタイトル奪取です。AbemaTVで実況中継を見ていると、一手毎にAI判定と最善手候補が出て来ます。これは今までの将棋番組にはなかった取り組みですが、非常に面白い。「棋士が最善手を指すか」、「棋士はどこで間違えるか」、「その間違いは致命的かどうか」等がすぐに分かります。AIは深層学習という手法を使って、AI自身でどんどん進化するので、チェスも将棋も囲碁も人間はAIに勝てません。「AIに負けるようなゲームを見ていて面白いか?」と尋ねられると、それが面白いのですね。それは人間同士の戦いだからです。人生、賞金、名誉を賭けて、人間同士が繰り広げるドラマです。時にはミスもします。昨日の王位戦でもありましたが、形勢が有利になった方は安全勝ちをしようと思い、緩い手を指しがちです。しかし緩い手を指すと、しばしば形勢が逆転するのです。

<クロツグミ>
2F0A3209.JPG

2F0A3198.JPG

2F0A3236.JPG

2F0A3301.JPG


  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント