賤ケ岳のハチクマの渡り(5月11,12日)

賤ケ岳のハチクマの渡りを見るために、5月11日(土)、12日(日)と1泊2日で滋賀県長浜市木ノ本に出かけました。天気は11日は快晴で、12日は晴間もありましたが薄曇りでした。結果は11日、12日共に約40羽ずつ出て、近いものや湖面バックに飛ぶものもあり、見応えがありました。9日(木)のハチクマ坊主が嘘のような二日間でした。

観察時間は11日は午前10時15分~午後4時、12日は午前8時45分~午後2時でした。11日は最初は不調でしたが、午後2時前にハリオアマツバメの群れが突然頭上で舞い始め、その後ハチクマの群れが次々と渡って来ました。午後2時~2時半の間に約30羽が出現。「渡りを見た」という実感がしました。12日は午前10時頃から飛び始め、午後2時までに約40羽が渡りましたが、その後午後3時まで観察した方の情報ではさらに10羽ほどの追加があったとのこと。12日は余呉湖上空でタカ柱が出来て、見応えがありました。

<ハチクマ>
画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


<湖面バックに飛ぶ>
画像


画像


画像


<ハリオアマツバメ>
画像


<サンショウクイ>
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック